ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > メールマガジン > 防犯メールマガジン No.22

防犯メールマガジン No.22

メルマガ 発行日時
防犯メールマガジン 2017年12月01日 10時00分

 

防犯メールマガジン No.22

平成29年12月1日


防犯メールマガジンご利用者 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今からできる年末年始の防犯対策

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


年末年始は何かと忙しく、つい防犯意識が薄れがちです。
年末年始は外出する機会が増えるため空き巣などの進入犯罪には十分注意が必要です。
泥棒は必ずと言っていいほど入念な下見を行い、成功する可能性が高い家を見つけて犯行に及びます。泥棒が重要視する家の下見ポイントは「留守かどうか」「侵入しやすく逃げやすいか」「隣近所からの見通しはどうか」などです。

泥棒に狙われないために、年末年始に気をつけたい犯罪対策
【対策1】長期不在時は留守を悟られないようにする
・新聞や郵便をとめる
・留守番電話のメッセージに留守であることを入れない
・自動点滅する照明をつける
【対策2】家の周りを、侵入されにくい環境を整える
・庭先の侵入の足場になるようなものは整理整頓する
・庭木の剪定を行うなど、見通しをよくしておく
【対策3】確実な戸締りと施錠
・家の裏側の浴室などの小窓まで、戸締り・施錠を徹底する
・数分間の外出でも施錠する

狙われにくく、侵入されにくい家にすることは、日常的な備えや意識、具体的な対策があれば可能です。留守が多くなる年末年始を前に、もう一度、わがやの防犯対策をチェックしてみてはいかがでしょうか。「泥棒に嫌われる家」そんな防犯対策、あなたの家でも始めませんか。