ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > メールマガジン > 防犯メールマガジン No.28

防犯メールマガジン No.28

メルマガ 発行日時
防犯メールマガジン 2018年06月01日 10時00分

 

防犯メールマガジン No.28

平成30年6月1日


防犯メールマガジンご利用者 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

梅雨のシーズンの安全運転

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


6月に入ると梅雨が訪れ、雨の日が多くなります。雨天時は路面が滑りやすくなったり危険の発見が遅れたりします。そこで今回は雨天時の影響と安全運転についてご紹介します。

・雨が運転に与える影響
(1)路面が滑りやすくなる
(2)サイドミラーが見えにくくなる
(3)歩行者や自転車に乗っている人の視界も悪くなる

・安全運転のポイント
(1)雨が降り始めたらスピードを落とす
降り始めが最も滑りやすくなります。スピードを落とし車間距離を多めに取りましょう。
(2)進路変更時は後方をよく確認する
雨が付着したサイドミラーは見えにくくなっています。目視でも確認し、後続車を見落とさないようにしましょう。
(3)ライトを点灯し自車を目立たせる
雨天時は他車、歩行者、自転車から見落とされる可能性が高まります。昼間でもライトを点灯して自車を目立たせましょう。
(4)歩行者・自転車の動きを予測する
車に気付かず横断したり、水たまりを避けて車道に出てくることもあります。動きを予測して運転しましょう。





大郷町ホームページはこちら→https://www.town.miyagi-osato.lg.jp/