ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町政運営・行政改革 > 各種計画・施策 > 改元に伴う公文書に関する元号の表記について

改元に伴う公文書に関する元号の表記について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月18日更新

 大郷町では、公文書における日付及び年度の表記について、原則として「元号」を使用しています。
 この度の皇位継承による改元については、4月1日に新元号「令和」が公表されましたが、改元の日(元号を改める政令の施行日)は5月1日であることから、公文書における日付等の表記については、次のとおりに取り扱いますので、お知らせします。

発信日が4月30日までに作成した文書について

 発信日が4月30日までの公文書の中で、5月1日以降の日付または年度を表記する場合、元号は「平成」を用いるものとします。

「平成」を用いた公文書の効力について

 上記について、「平成」と表記された文書であっても、法律上の効果は何ら変わることがありませんので、改元後は「令和」と読み替えていただきますよう、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

改元後に作成する文書について

 改元後に作成する公文書は、新元号「令和」を用います。
 ただし、事務処理の時期の関係から新元号の記載が間に合わないものについては、一部「平成」で表記している場合もありますのでご了承ください。


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター