ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住宅 > 住宅・建築 > 住宅金融支援機構と【フラット35】子育て支援型に関する協定を締結しました

住宅金融支援機構と【フラット35】子育て支援型に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月12日更新

平成30年3月2日、住宅金融支援機構【フラット35】子育て支援型及び大郷町住宅取得支援事業補助金に係る相互協力に関する協定締結式が行われました。

協定締結式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協定の概要

この協定により、住宅取得支援事業補助金の交付対象者であり、かつ住宅金融支援機構の提供する住宅ローン【フラット35】子育て支援型の要件を満たした方は、【フラット35】の借入金利を当初5年間0.25%引き下げることができます。

【フラット35】子育て支援型について

子育て支援の施策を実施している地方公共団体と住宅金融支援機構が協定を締結し、地方公共団体による財政的支援(補助事業等)とあわせ、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してご提供する全期間固定金利住宅ローン【フラット35】の金利を当初5年間0.25%引き下げる制度です。

利用対象者

住宅取得支援事業補助金の交付対象者であり、かつ【フラット35】子育て支援型の要件を満たした方。

○住宅取得支援事業補助金
  町が造成する高崎団地分譲地または民間事業者が造成する民間分譲地を取得し、2年以内に住宅の建築をする方
  または建売住宅を購入する方で、18歳未満の扶養親族が同居する子育て世代の方。
  →住宅取得支援事業補助金

○【フラット35】子育て支援型
 申請日時点において補助申請者(申請予定者を含む。)の年齢が満45歳未満であること。
   →住宅金融支援機構<外部リンク>

 


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター