ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 定期の予防接種の特例

定期の予防接種の特例

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月11日更新

 長期療養を必要とする重篤な疾病にかかったこと等(※)により、やむを得ず対象年齢内に定期予防接種を受けられなかった方については、医師の診断に基づき、定期予防接種が可能な場合があります。 
 高齢者肺炎球菌の予防接種も対象となる場合があります。

 詳しくは、保健福祉課保健指導係にお問い合わせください。

 ※該当する可能性のある理由
 (1) 重症複合免疫不全症等、その他の免疫機能に支障を生じさせる重篤な疾病
 (2) 白血病等免疫機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
 (3) (1)または(2)に準ずるもので、予防接種を受けるのが適切でないと判断される疾病
 (4) 臓器移植を受けた後、免疫機能を抑制する治療を受けたこと
 (5) 医学的知見に基づき、(1)~(4)に準ずると認められるもの

対象疾患一覧[PDFファイル/266KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター