ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 国民健康保険の退職医療制度について

国民健康保険の退職医療制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 国民健康保険の退職者医療制度について説明いたします。

 会社や役所を退職して、年金(厚生年金や共済年金など)を受けられる60歳~64歳の方とその被扶養者は、「退職者医療制度」によって診療を受けることができます。次の条件のすべてにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象となります。

  1. 国保に加入している60歳~64歳の人
  2. 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

  ※退職者医療費制度の新規対象者の受付は平成26年度末で終了となります。


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター