ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 「後期高齢者医療費制度」について

「後期高齢者医療費制度」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 この制度により、75歳以上の方及び65歳から74歳までの一定の障害を有する方(後期高齢者)は、「後期高齢者医療制度」で医療機関を受診することになります。

 後期高齢者は、これまで加入していた国民健康保険、健康保険組合や共済組合等の被扶養者から「後期高齢者医療制度に加入し、保険料を納め、広域連合が交付する被保険者証を医療機関に提示して受診することになります。
 医療機関窓口での患者負担は、現行同様1割(現役並み所得者は3割)です。
 この制度は、すべての市町村が加入する「宮城県後期高齢者医療広域連合」(平成19年2月8日設立)が運営します。
※入院の医療費については現行の老人保険制度同様、医療機関での支払を自己負担限度額までとします。
※医療保険及び介護保険の自己負担合算額が高額となった場合に負担を軽減する仕組みを設けます。

保険料は? 

 保険料の納付方法は、原則として年金から天引きされます。ただし、年金額が18万円未満の方や介護保険料との合算額が年金受給額の2分の1を超える方は、町に直接納めていただきます。
後期高齢者医療制度の主なしくみの図        
   


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター